意外!フルーツ青汁はこんな時に飲むと最も効果的!

ダイエットの基本は食事療法ですが、その効果を倍増させる為には、腸内環境を整えて、便秘をなるべくしない事が重要です。

もちろん、環境の変化やストレスでたまには便がでない日もあると思いますが、毎朝の快便をある程度習慣づけていれば、でなくてもせいぜい1日位です。

フルーツ青汁を飲んで、もちろんスリムな体を手に入れたいので、一緒に多少の食事制限も取り入れます。

朝ごはんは普通にとります。お昼ごはんはできればお弁当。外食や社員食堂を利用する時には定食メニューを選びます。

晩ごはんは、おかずのみ。なるべくご飯やめん類は控えます。

そして寝る前にフルーツ青汁を飲むのです。

寝る前の水分は翌朝のお通じをよくする効果があります。

野菜たっぷりの青汁だから、食物繊維が豊富に含まれています。

また、寝る前にビタミン類を取ると、お肌が生まれ変わる黄金タイムに取り込まれるので、青汁に含まれる栄養素をタイミングよく浸透させることができるのです。

お腹がすいて眠れない、寝る前に何か口淋しい、という時の間食がわりにもなります。ゆっくり飲むことによって満腹感もまします。小腹を満たすことに対する罪悪感も、フルーツ青汁ならまったくありません。

女性にとって一番つらいのはスイーツを我慢することです。

こんな食べ方はいかがでしょう。ダイエットが成功するまでは、朝にスイーツを食べる。

たまには朝食を生クリームたっぷりのパンケーキにしてもいいのではないでしょうか。

毎朝のお通じがしっかり習慣づいてある程度、目標体重に近づいたら、ティータイムのスイーツもありです。

腸内環境が健やかであれば、多少食べ過ぎても太らない体質に改善されていきます。

また、フルーツ青汁の原材料である大麦若葉は、血糖値の急激な上昇をおさえる効果もあるので、糖分を取りすぎたあとの糖尿病対策にもなります。

体をリセットして明日に備える為に、1日の最後に飲む、これがフルーツ青汁の成分を取り込むことのできる一番いい時間帯ではないでしょうか?